新着情報

【6/20・28オンライン開催】虐待防止啓発セミナー「ACEの衝撃」

2020年5月14日 | カテゴリー/お知らせ

 新型コロナウイルス感染症が拡大している状況を鑑み、参加者様および関係者の健康・安全面を第一に考慮し、「6/20大阪会場」「6/28東京会場」で予定していた本セミナーをオンライン開催に変更させて頂くこととなりました。
 オンライン会議ツール「Zoom」を使用しての開催となります。Zoomのダウンロードは無料です。インターネット環境がありましたらどちらの場所にいらっしゃいましてもPC、スマートフォンより簡単にご参加頂けます。
 なお、新型コロナウイルスの影響により、講師の若林先生がアメリカから来日することが非常に困難なため、講義部分は録画での提供となる場合がございます。ご了承ください。


虐待防止啓発セミナー

「ACEの衝撃~子どもの傷つき体験の深刻な影響とその対応~」


講師:杉山 登志郎 先生(福井大学子どものこころの研究センター 客員教授)
   若林 巴子  先生(Oakland University 准教授、ACE Initiative マスタートレーナー)



 1990年代からアメリカで行われているACE (Adverse Childhood Experiences, 小児期逆境体験) 研究によると、虐待や家族との別離などの小児期における逆境体験は、成人期の社会的問題(引きこもり、不就労、貧困)だけでなく、精神的健康問題(うつ、自殺、依存など)、身体的健康問題(生活習慣病、がん、心臓疾患)などにも影響があることが明らかになっています。研究が進む中、ACEについての啓発活動と同時に、知見を教育や支援に活かすことが積極的に行われ、その有効性のエビデンスが積み上げられつつあります。
 わが国でも、虐待と引きこもりは大きな社会問題となっていますが、十分な対策がとれていません。虐待と引きこもり等の問題がつながっている可能性がありますが、そのことを明らかにする研究は不十分であり、社会にもあまり知られていません。

 そこで、このセミナーでは、虐待・愛着障害・発達障害に関する研究と治療の第一人者である杉山登志郎先生、アメリカのミシガン州でACEの啓発活動に取り組んでいらっしゃる若林巴子先生のお二方によるご講演、座談会を通して、ACE(小児期逆境体験)の防止の必要性についてお伝えします。


詳細
【日時】
 2020年 6月20日(土)13:30~16:30
 2020年 6月28日(日)13:30~16:30
 同じ内容です。ご都合の良い日時をお選びください。
【会場】
 オンライン(Zoom)

【講師】
 杉山 登志郎 先生 (福井大学子どものこころの研究センター 客員教授)
 若林 巴子  先生 (米 オークランド大学 准教授、ACE Initiative マスタートレーナー)
 和久田 学 (公益社団法人 子どもの発達科学研究所 主席研究員)

【対象】
 小児期逆境体験(虐待)に関心を持つ方

【定員】
 100名(要事前申込・先着順)

【受講料】(資料代込・税込価格)
 3,300円


プログラム(予定)
 ・杉山登志郎先生による講演
 ・若林巴子先生による講演(録画)
 ・杉山先生、和久田主席研究員による座談会

お申込み方法
下の開催日時を選び、お申込みフォームに必要事項をご入力ください。
6月20日(土)開催
申込締切 6月16日(火)(※定員に達し次第受付終了)

6月28日(日)開催
申込締切 6月23日(火)(※定員に達し次第受付終了)

※クレジットカード、コンビニ、ペイジー決済がご利用いただけます。
※決済時、システム手数料200円(税別)が別途発生致します。予めご了承ください。
〈キャンセル規定〉
開催8日前まで   0%
開催7日前~当日 100%

お問い合わせ先

公益社団法人 子どもの発達科学研究所
TEL:053-456-0575
Mail:info@kodomolove.org

申込みに際しての留意点

上記サイトよりお申込みの際、1名につき別途システム利用料200円(税別)がかかります。予めご了承ください。

一覧へ戻る

お問い合わせ・ご相談は・・・

お問い合わせフォーム

またはお近くの研究所へ [本部] Tel 06-6341-5545 / [浜松] Tel 053-456-057